2018年11月19日

インテリアコーディネーターはセンスよりも接客力

三か月に一度ほどの割合で、社外から講師をお呼びし、社内セミナーを開いています。先日はインテリアコーディネーターとして活躍している女性に来ていただきました(実は小学校の同級生でもあり、子供どうしも同級生なのです)。インテリアコーディネーターはセンスよりも接客力  


Posted by 金沢陽華 at 18:48Comments(0)

2018年11月19日

インテリアコーディネーターはセンスよりも接客力

三か月に一度ほどの割合で、社外から講師をお呼びし、社内セミナーを開いています。先日はインテリアコーディネーターとして活躍している女性に来ていただきました(実は小学校の同級生でもあり、子供どうしも同級生なのです)。インテリアコーディネーターはセンスよりも接客力  


Posted by 金沢陽華 at 18:46Comments(0)

2018年11月19日

インテリアコーディネーターはセンスよりも接客力

三か月に一度ほどの割合で、社外から講師をお呼びし、社内セミナーを開いています。先日はインテリアコーディネーターとして活躍している女性に来ていただきました(実は小学校の同級生でもあり、子供どうしも同級生なのです)。インテリアコーディネーターはセンスよりも接客力  


Posted by 金沢陽華 at 18:45Comments(0)

2018年11月19日

インテリアコーディネーターはセンスよりも接客力

三か月に一度ほどの割合で、社外から講師をお呼びし、社内セミナーを開いています。先日はインテリアコーディネーターとして活躍している女性に来ていただきました(実は小学校の同級生でもあり、子供どうしも同級生なのです)。インテリアコーディネーターはセンスよりも接客力  


Posted by 金沢陽華 at 18:43Comments(0)

2018年11月19日

2018年11月17日

住宅史として、まさに牧歌的な時代

N氏が「羽振りがよかった」というのは、かなり経済的に恵まれていたことを想像させ る。N氏は昭和二十七年生まれだから、二十代のころ、金銭的には何不自由ない暮らしを送ったことになる。 戦後、庶民の生活文化と住宅の華やかな結合は、賃貸集合住宅における最初の雛形でも ある″団地″ということになるだろう。 集合住宅としては、麻布あたりに、戦前からマンションというものもあるにはあったが、 これは駐日大使や一部の文化人、上流階級御用達で、庶民にとってはもちろん高嶺の花、 まったく埒外の話であった。大正十二年に起きた関東大震災後の復興や不良住宅解消のた めに大正末期から昭和初期にかけて建てられた同潤会アパートも、集合住宅であるが、https://cba-romania.com/jidai/  


Posted by 金沢陽華 at 15:57Comments(0)

2018年11月17日

住宅史として、まさに牧歌的な時代

N氏が「羽振りがよかった」というのは、かなり経済的に恵まれていたことを想像させ る。N氏は昭和二十七年生まれだから、二十代のころ、金銭的には何不自由ない暮らしを送ったことになる。 戦後、庶民の生活文化と住宅の華やかな結合は、賃貸集合住宅における最初の雛形でも ある″団地″ということになるだろう。 集合住宅としては、麻布あたりに、戦前からマンションというものもあるにはあったが、 これは駐日大使や一部の文化人、上流階級御用達で、庶民にとってはもちろん高嶺の花、 まったく埒外の話であった。大正十二年に起きた関東大震災後の復興や不良住宅解消のた めに大正末期から昭和初期にかけて建てられた同潤会アパートも、集合住宅であるが、https://cba-romania.com/jidai/  


Posted by 金沢陽華 at 15:55Comments(0)

2018年11月17日

住宅史として、まさに牧歌的な時代

N氏が「羽振りがよかった」というのは、かなり経済的に恵まれていたことを想像させ る。N氏は昭和二十七年生まれだから、二十代のころ、金銭的には何不自由ない暮らしを送ったことになる。 戦後、庶民の生活文化と住宅の華やかな結合は、賃貸集合住宅における最初の雛形でも ある″団地″ということになるだろう。 集合住宅としては、麻布あたりに、戦前からマンションというものもあるにはあったが、 これは駐日大使や一部の文化人、上流階級御用達で、庶民にとってはもちろん高嶺の花、 まったく埒外の話であった。大正十二年に起きた関東大震災後の復興や不良住宅解消のた めに大正末期から昭和初期にかけて建てられた同潤会アパートも、集合住宅であるが、https://cba-romania.com/jidai/  


Posted by 金沢陽華 at 15:54Comments(0)

2018年11月17日

住宅史として、まさに牧歌的な時代

N氏が「羽振りがよかった」というのは、かなり経済的に恵まれていたことを想像させ る。N氏は昭和二十七年生まれだから、二十代のころ、金銭的には何不自由ない暮らしを送ったことになる。 戦後、庶民の生活文化と住宅の華やかな結合は、賃貸集合住宅における最初の雛形でも ある″団地″ということになるだろう。 集合住宅としては、麻布あたりに、戦前からマンションというものもあるにはあったが、 これは駐日大使や一部の文化人、上流階級御用達で、庶民にとってはもちろん高嶺の花、 まったく埒外の話であった。大正十二年に起きた関東大震災後の復興や不良住宅解消のた めに大正末期から昭和初期にかけて建てられた同潤会アパートも、集合住宅であるが、https://cba-romania.com/jidai/  


Posted by 金沢陽華 at 15:52Comments(0)

2018年11月15日

各メーカーの広告は貴重な情報源

よく、お客さんは「どこのメーカーも似たりよったりなんじやないの」という言い方をしますが、ある面では当たっているかもしれず、またある面では違っていると思うのです。 基本的には、いちおう世間に名の通っているメーカーならどこに依頼してもいいのかもしれませんが、「どこも同じ」かと言えばいちがいにそうとは言えません。各メーカーの広告は貴重な情報源  


Posted by 金沢陽華 at 19:16Comments(0)